英語ビジネスメールの書き出しは「I hope this email finds you well」

スポンサーリンク
メール
Pocket

この記事は 約2 分で読めます。

今回は英語でビジネスメールを書く場合の、書き出しに注目して勉強してみましょう。

スポンサーリンク

決まり文句「I hope this email finds you well」

一般的なビジネスメールでは、「I hope this email finds you well.」で始めます。

I hope this email finds you well.
ますますご健勝のことと存じます。
解説黒猫
解説黒猫

この表現は非常にビジネス的かつ硬いので、目上かつ初対面の人に限定して使うのがベターだよ。ビジネスメールでも面識のある相手には、ほとんど使わないかな。また「I hope you are well」「I hope all is well」などより自然な表現も使えるよ。

英語王子
英語王子

私は英語講師からこの表現を習いましたが、「Platitude(意味のない定型文)だ」と言われました。日本後のメールでも特に意味もなく「いつもお世話になっております」と文頭で書くのと同じようなニュアンスのようです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、英文Eメールの定番の書き出しかたについて勉強しました。

やや硬い表現ですが、初対面の方にビジネスメールを送るときに使ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました